保険概要

保険とは、将来起こるかもしれない事故や病気、災害のためにあらかじめ加入者がお金を出し合い、万が一起こった場合にはそのお金から補償される制度のことである。
保険にはさまざまなものがあり、入院、手術、通院などの際に補償されるものや、死亡した場合に補償されるもの、地震や火事などに補償されるものなどがある。
また自動車や医療については、法律で加入することが義務付けられている強制的なものと、民間で販売されているものを自由に選べる任意のものがある。

♮生命保険
生命保険は、病気や怪我が原因で、入院したり、手術をしたりする場合に支払われたり、万が一死亡したときに遺族に支払われるものである。
定期タイプのものは支払う期間が決められており、掛け捨てのものが多い。掛け捨てであるため、その期間まで何も起こらず健康であれば、支払った分が戻ってこずに支払損ということになる。また、一生涯補償されるタイプのものもある。
養老保険は、貯蓄をしながら万が一の場合には補償されるもので、何もなければ返戻金として戻ってくる。生命保険の仕組みとして相互扶助という事が挙げられる。生命保険によって毎月かかる保険料を加入している人が負担しあう事によって、何かあった時にそこから支払われるといった助け合いの精神から生命保険は生まれたのである。

♮海外旅行保険
海外旅行保険は、旅行に行った際におこった損害に対して支払われるものである。
国内においては、どこにいても保険証が利用できるため、あまり加入しなくてもよいが、海外の場合には適用されないため、加入していたほうがよい。
海外旅行を旅行代理店などで申し込む場合には、その窓口で一緒に申し込むことができるが、クレジットカードを所持しているならば、そのカードに付帯していることも多い。
医療機関を受診しなくても、紛失や盗難の被害も補償してくれることが多い。
海外旅行保険に加入する事で、海外旅行へ行く日数や行く先に寄って保険料は異なる。
海外旅行先で起こった様々な問題を保証するもので、損害死亡保障から緊急歯科治療や弁護士費用など種類は多岐にわたる。
時代もグローバル化してきて、海外旅行へ出かける人も多い。海外旅行保険の加入は検討するべきものである。

OUT LINK

生命保険の見直しを宮崎で検討中の方はこちらへどうぞ。しっかりと自分に最適な生命保険を選ぶには専門家に相談しておくと安心ですね。